さいたま市立日進小学校
本文へジャンプ

学校長あいさつ


校長 飯島 政範
 本校は、前身を満福寺境内に置き、明治6年(1873年)当時村長だった高橋源之助(たかはしげんのすけ)大長候が私財を投じ、上加学校として開校し、今年度145周年を迎える歴史と伝統のある学校です。
 本年度は、945人、29学級(特別支援学級2学級を含む)でスタートしました。


 《日進小学校の教育目標》
〇たすけあう子・・・思いやりのある子どもの育成を目指します
〇かんがえる子・・・自主的に学習し正しく判断できる子どもの育成を目指します
〇たくましい子・・・
たくましい体力と気力を持ち、積極的に行動できる子どもの育成を目指します

「知・徳・体・コミュニケーション」の調和のとれた人間性と、未来を切り拓く力を身に付けた子どもたちを育てたいと強く思っています。

 
私は、子どもたちあいさつや時間を守る、掃除をするなど「当たり前」に行う凡事徹底の教育を大切にしながら、子どもたちが「わからないことがわかるように」「できなかったことができるように」そして、私たち教職員一人ひとりは、教育活動の「見える化」に努め、子どもたち、保護者、地域の皆様から信頼される学校づくりを目指します。

 子どもたち一人ひとりが輝く、安全・安心で、温かいさわやかな学校づくりのために、「チーム日進」として皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。


 さいたま市立日進小学校 /Copyright (C)2014 Nisshin Elementary School.All rights reserved.